www.iml2012.org

-

-

手軽に使用できるキャッシングですけれどもうっかりしてはならないのは金融機関というものは利益を上げて行くために利息を付加している点です。貸主はローン会社なので当たり前ですが借入の利息はたいへん高いものです。グレーゾーンに位置する利率が標準化されていた時期には29.20%などといったものすごい高額の利率で契約させられていました。またその当時は総量規制と言ったものはなかったので、恐ろしい勢いで貸し付けていたというわけなのです。そして破綻者を大量に輩出し、バンザイする人が急増してしまったのです。そうした結果総量規制というものによって結局は自らの退路を塞ぐようなことになりました。話が脇にそれましたが今日では利息は低水準になりましたが、それでもなお一般のローンなどと比較して高いことには変わりありません。借金する元本が少ないのであればそれほど重い負担にはならないでしょうが、高額に及ぶカードローンをした場合それに応じて支払回数も多くなり返す額も相当なものとなってしまいます。現実問題として計算機などで勘定したら最終的にかなりの金額を払っていることが認識されると思われます。このことを当たり前だと思うかもったいないと感じるのかは借りた人の考え方次第ですが私はこれだけキャッシュがあったら多くの物品を買えるのになと考えてしまいます。こんなにもの金利を支払いたくはない場合はできるだけ支払い月数を短くするようにします。若干でも繰り上げ引き落しをしておいたら支払い回数を短くすることが可能です。全く理由もなく借りるような人はいるわけがありあません。やむにやまれず必要でしょうがなくキャッシングするわけですから、後は返済をほんの少しづつでも繰り上げるといった忍耐力が要求されるのです。そしてもっとお金に余力がある際には先に支払って、早い目の支払をしなければなりません。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.iml2012.org All Rights Reserved.